大切な情報を保護|ISO14001は正しい環境保護を行なっている証明|コンサル必須

ISO14001は正しい環境保護を行なっている証明|コンサル必須

オフィス

大切な情報を保護

IT

近年、webサイトを攻撃するハッカーが増えており、企業の大切な情報を盗んだり営業妨害をしたりされることが増えてきました。そのため、企業は自分の会社を守るためにも対策をする必要があります。もし、対策をしないで放置していると顧客情報などが流出してしまい、社会問題にまで発展してしまう恐れが出てくるので気をつけるようにしましょう。対策するには色々な方法がありますが、その中でも効果的と言われているのがWAFです。WAFはファイアーウォールでも防げないような攻撃をいとも簡単に防いでくれるので、大事になる前にWAFを導入すると良いでしょう。

WAFは大きく分けて2つのタイプが存在しており、アプライアンスタイプとサーバレジデントタイプに分かれています。それぞれ利点が異なっているので、利用する時には調べてから利用するようにしましょう。アプライアンスタイプはwebサーバーに対応していて、ネットワークの構成が不要となるので知識が無くても安心して利用できます。また、開発元が日本となっているので不具合が起きても安心です。サーバレジデントタイプは海外での開発が主流となっており、webサーバーに依存しないタイプとなっています。しかし、ネットワークの構成が必要となるので面倒となりますが、高性能なので企業を守るには必要になります。このように、WAFは違いが存在しているので調べる必要が出てくるのです。webアプリケーションの脆弱性を見つけ出し、未然に悪質な攻撃を防いでくれるので利用してみましょう。